« 有川浩 著 「レインツリーの国」 | トップページ | 中村春菊 「世界一初恋〜小野寺律の場合2〜」 »

2009年7月31日 (金)

東京マグニチュード8.0 #04「三人の、約束」 感想

<あらすじ>

広域避難所となっている芝公園で、自治体や自衛隊、企業の支援を受ける三人。水や乾パンなどの支援物資をもらい一息つくのもつかの間、未来の不満は悠貴への八つ当たりとなり、大げんか。しかし、余震とともに東京タワー下に現れた活断層が、そのすべてを消し去っていく!!


前半は未来がお腹を壊して、でもなかなかトイレもない。携帯トイレでするのは嫌。やっと見つけたトイレは長蛇の列でさらにトラブルに巻き込まれ…結局、携帯トイレを使うっていう少しなごやかな感じで。
でも実際は笑っていられないよなぁ(>_<)
未来が真理に頼るようになってきてるのが微笑ましい。

全く両親と連絡がとれず、弟の悠貴に辛くあたってしまう未来。この姉弟はすごくバランスいいよね。未来は素直じゃなくてひねくれてるけど、悠貴は気遣いができる子。そこが未来が苛立ってしまう所なんだろうけど。

その後、悠貴も不安感をもっていた事を打ち明けそれが爆発して二人して大泣き。私も泣いた(笑)こういうの弱いんだよー。

東京タワーが崩れ落ちてきた所は恐かった((゚Д゚ll))あんなに立派なモノさえ倒すほど震災って大きいのかと…。
未来をかばう悠貴の姿はなんとも言えなかったな。ただ画面を見つめてドキドキした。無事でよかったよ〜ホントに。

毎週見る度にこの姉弟と真理の絆は深くなっていく。無事に家族に会えるようにってアニメなのに願いたくなる。
リアルだよなぁ(-.-;)

|

« 有川浩 著 「レインツリーの国」 | トップページ | 中村春菊 「世界一初恋〜小野寺律の場合2〜」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181522/30775013

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マグニチュード8.0 #04「三人の、約束」 感想:

« 有川浩 著 「レインツリーの国」 | トップページ | 中村春菊 「世界一初恋〜小野寺律の場合2〜」 »