« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

とあるライブ参戦。

友人に誘われ初めてORANGE RANGEのライブへ行きました。

まぁ何と言うか…若いねぇ。メンバーもファンも。

あまりきちんとORANGE RANGEの曲を聞いた事がなかったので、最新アルバムだけは聞いて(アルバムのツアーらしいので)今回参戦。

ノリやすい曲も多いし、少し前のシングルの曲なんかもやってくれたのでそれなりに楽しめましたねぇ。

ただMCで私、イラッとしてしまいまして…若干冷めました(-_-)
なんか…ダメでした。物の言い方かなぁ?
初めてだったからいまいち掴みきれてないのかも知れませんが…。

まぁいろんなアーティストがいますから。

演出は良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月30日 (日)

クロスゲーム 第22話 「なめてたでしょ」 感想

〈あらすじ(公式から)〉

小金沢みどりが青葉を訪ねてくる。また勝負の申し込みかと身構える青葉だったが、今度はチームに加わって欲しいというお願いでやってきたという。みどりの所属する里美女子高校が女子野球の強豪、桜花女子大学と練習試合をするという。強豪相手に良い試合をしたいということで、青葉に助っ人を頼みに

きたとのこと。しかし、青葉は、星秀学園の部員であるという負い目からその話しを断ってしまうが・・・。


青葉中心の話ですねー。原作にはない話だし、楽しく見れましたねぇ(^_^)

女子野球って確かにあまり知られてないから…ピンとこない。
でも熱い試合見せてくれそうだわ。この話。

みどりの里見高校の女子野球部キャプテンの仲間を信じる気持ちとか、まさに高校野球だよね!

今回は青葉がセンターに入って終わっちゃったけど、次回は投げちゃうんじゃない?やってしまえ(笑)
なかなか青葉が試合で活躍する場面が見れないから…新たなチャレンジもいいわぁ〜(゜▽゜)

静かに見守る光の姿も様になってるし(笑)
来週が待ち遠しいですわ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月29日 (土)

東京マグニチュード8.0#08 「まっしろな朝」 感想

<あらすじ(公式サイトから)>

突如、意識を失い倒れる悠貴。トリアージされ病院へと運ばれるが、症状は芳しくない。すぐに手術をすることとなり、気が気でないまま、未来と真理はひたすら待つことに。だが、目覚めた未来の目の前には、元気な姿の悠貴が現れる。再び自宅をめざし、旅を始める三人だが…。


衝撃的な話だった今回。
震災っていうものは何が起きるかわからないし、安易に考えてはいけないという事を改めてみせられましたね(-.-;)

この話は基本的に未来の視点なんだよね。
ちょっと時間が飛んでいたから…「エッ?」てなったけど。
夢?デジャヴ?現実?
視聴者である私もそんな感じをうけた。
コレが未来の葛藤なんだと思う。

真理が未来と一緒にいる悠貴の名前を呼ばないっていう事は…そういう事でしょう。
思わぬ展開に私、涙がとまりませぬ(-_-)

お姉ちゃんだからっていう未来がせつないです。
せめて真理の娘さんや未来の両親は無事でいてほしい。

…また思い出し泣きしそう。ヤバいわ〜(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

キャラメルボックス 『さよならノーチラス号』 観劇!

キャラメルは公演数が多いから楽しいですね!

で、今日は
『さよならノーチラス号』を観てまいりました。

この作品は再演らしいのですが私は初演を観ていないので全くの新作気分で。

小学6年生の頃の夏休みの思い出を大人になった主人公が語る、という実にキャラメルらしい話。
先日上演していた『風を継ぐ者』とは全く違う世界ですね。

いろいろと事件が起きたり犬がしゃべったり(笑)するんだけど、なんかワアーっと流されてしまった感が少し…。
けど小学生である主人公からの視点だと思えばいいんだろうなぁ(^_^)

まだ初日開けたばかりだったせいか始めは固さがあったけどカワイイ少年だった多田直人くん。
彼は本当に白いねぇ(笑)
名犬・サブリナ役の坂口さんはさすがですね。しぐさが犬でめっちゃ愛くるしかった!ぎゅ〜ってしたくなるo(><)o

あとは何と言っても岡田達也さんですね。役もステキだったんですが、何枚あるの?ってくらいアロハシャツ来ていらして…。
しかも似合いすぎ(笑)
そればっか目がいっちゃったよ〜(>_<)

客演の森下さん、久保さんもハマってましたね!
筒井さんとかおもしろくて爆笑しました( ̄▽ ̄)

そして音楽はスクーデリアエレクトロ!懐かしい!

終演後はなんかホンワリあったかくなって帰宅。
癒されたい時に観るといいかも。
仕事後の私には十分すぎるくらい癒されました(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

チケットぉ〜o(><)o

FLOWの冬ツアーのチケット、落選(泣)

…つーか関東がFC限定だけって!そりゃ取れないわよ(笑)

まぁ今回は諦めますよ。行けたとしても仕事の後だし時間も間に合うか微妙だったし…。(ショックを自己処理しました(笑))

また次回!
9月に見れるし。楽しんで忘れよう(^O^)/

FLOWはハズレたけど、ACIDMANはチケットGetできたので新潟に行ける〜!東京行けないから何故か新潟(笑)
連休中で行きやすいからちょうど良かっただけですが…(-_-)
武道館は行くけど。
プチ旅行!楽しいわぁ♪

これが天国と地獄?
そんなに大事じゃないんだけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

福山リョウコ 『モノクロ少年少女』 1巻

新作ですね。
私、前作の『悩殺ジャンキー』が大好きで…こちらも期待しつつ手にしました。
軽くあらすじ。
身寄りがなく、住む場所もなくなってしまった呉羽は生徒募集の黒いチラシを見つける。学費・生活費免除の言葉に釣られて私立毛保乃高校に入学。
そこはケモノだらけの学校で人間は呉羽ひとりだけだった…。

と、まぁ学園モノでハイテンションな話ですね。

始めはちょっとスピード感がありすぎて、読んでいる側が置いてきぼりにされつつあったかな?
後半はちょっと落ち着いて読めたけど。

物語をつかむまでは疲れちゃう感じ。
でもこのハイテンションさがこの作者さんの持ち味なのかな?って思うから…今後の展開で変わってくるかもね。

最近の少女マンガがマンネリ化してる気がするので、個性的な話が読みたい!
なのでこの作品もどんどんおもしろくしてほしいなぁ(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

時計野はり『お兄ちゃんと一緒』 感想!

この『お兄ちゃんと一緒』は無事11巻で完結!
その最終巻を手にしたのが最近で…今ごろ感想です。
身内を亡くし天涯孤独かと思われた桜の前に現れた4人のお兄ちゃん。そのお兄ちゃん達と生活をし始め、いろいろ起こる話。

絵もだけど、ほのぼのしていて癒し系(?)な作品だと私は思ってます。
だけど泣き笑いもあり、胸がキュンとしたり(←コレ大事)もして楽しい作品でしたね(^O^)

ただ正の事が好きと気付いた桜と、自分も好きなのにそれになかなか答えられない正のくだりはちょっと…くどかったかな?
チョイチョイかっこいい正兄ちゃんが出てくるのはたまりませんでしたが(笑)
ラストももうひとひねり欲しかった気がしますが…ハッピーエンドなので良かったかなと思います。

あのあと桜と正は結婚とかしちゃって、でも他の兄たちも一緒に住み続けていて…みたいな後日談も見てみたいなぁ。

私は剛兄ちゃんが好きなので桜をさらってしまえ!と…(笑)もしくはカワイイ嫁さんもらえるといいね。( ̄▽ ̄)

とりあえずはコレで完結ですね。お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

クロスゲーム 第21話 「何はともあれ」 感想

〈あらすじ〉

青葉と水輝が付き合っていると、学校で噂が流れる。怒る青葉ではあるが、水輝は満更でもない様子。
青葉の入部、東の加入で更に熱気を帯びるようになった野球部。赤石は東に、転校しないで残ったことに後悔がないのかと聞くと、「樹多村と俺が居て、甲子園に行かれなかったらお前たちのせいだろ。」と答える。
練習試合をする星周学園。マウンドには青葉。1点取られたら交代することを条件に投げ続けて5回まで無失点に抑える。その後に代わった光が1点とられるものの、新生野球部は危なげなく勝利する。
水輝は青葉を映画に誘い、一緒に観に行くことに。どこか上の空の青葉を心配する水輝。帰り道、偶然会った光と口論する青葉。その後、普段通りの元気な青葉に戻る。光に少し嫉妬をする水輝・・・。

初々しい青葉がたくさん見れる回でした(^O^)
光に見つめられて赤くなるとか…めっちゃカワイイ!女の子だよ〜o(><)o

光も青葉を気にしてるんだよね。水輝とのウワサを知らぬふりをしてても。
東がいちいち気にかけるのもおもしろいし(笑)表情があまり出ないから余計オカシイ。そこが好き(笑)
あと一葉姉さんも大人な意見を言うんだよね。若葉への想いをずっとかかえてる光に対して。
光はすごく一途で優しいけど若葉は亡くなってる訳だし。まぁこれからでしょうが…。

今回も結局は青葉と光は似た者同士でしたっていう終わりだったけど、少しずつ青葉の光に対する気持ちが前に出始めてるのかな?

なんか若いなぁと思ってしまった…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月22日 (土)

ミュージカル『天翔ける風に』 観劇!

TSミュージカルファンデーション の公演
『天翔ける風に』
観劇してきましたぁ!

この作品は初演からずっと観ていて、今回が再々演になるんですねー。
もともとは野田秀樹氏の「贋作・罪と罰」でそれをミュージカル化したものらしいです。

初演時の私はとにかく香寿たつきさんのファンだったので(笑)何度も観ました。このころは宝塚以外のミュージカルをまともに観た事がなくて、(ストリートプレイ好きでした)男性の声が混じるだけでこんなにも迫力が増すのかとビックリしました。

コレがきっかけでミュージカルもいろいろ観はじめたので思い出の作品ですね。
野田秀樹さんの方も数年前観劇しました。主役は松たか子さんで…もう言葉にならないほど素晴らしかった( ̄▽ ̄)。

あ、で、今日は天翔ける風にですねf^_^;
今回からキャスティングがだいぶ変わっちゃって…香寿さんと志士役の平澤智さん以外のメインの方はガラリと。

前回からだいぶ間があいている訳で同じにはならないとわかっていても私は前回の公演の方が好きだったなぁ。

少し若々しい感じがしたかな。主役の英を捕らえようとする警察・都はもっとドッシリかまえていてほしかった…。
あと才谷が英を抱きしめる所にはもう少し間がほしいなぁと。
全体的に声が枯れていたのも気になったかな(-_-)

けど演出は凝っていたし、ええじゃないかの踊りは鳥肌ものでした。
香寿さんのあの迫力はスゴイし。まだまだ男役できそう(笑)でも罪を認め、才谷の事を想っているシーンは本当に可愛い。そのギャップがたまらんのです(笑)

歌や曲もとても好きなのでまた再演してほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

東京マグニチュード8.0 #07 「夏の夕暮れ」

〈あらすじ〉

ハイパーレスキュー隊が用いる救助ロボを追い求める少年、健斗と知り合う未来と悠貴。最初はロボットオタクとバカにしていたが、将来のことを真剣に考えている彼の言動に、徐々に惹かれていく。そんな中、追いかけていた救助ロボと共に瓦礫の中に閉じ込められてしまう


救助ロボってあんまりピンとこない。実際使われているのかもわかんないし。
でも人にはできない事をしたり手助けしてくれたり、今後どこかで見れる日がくるのかなぁ?

で、今回はロボおたくな健斗くんが物語をひっぱってました。
ちょっと未来の恋の予感?って感じで楽しかったぁ。
今までの未来なら健斗が危ない状況になっても自ら助けたりしなかったと思うんだよね。
それに両親に対してももっと優しくしようと考えも変わってきてる。大人になろうとしているんだよねー。なんか嬉しい(^_^)

またこのアニメは気になる所で次回だよ(笑)
悠貴はどうなんの〜?
待ち遠しい…(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月20日 (木)

東雲水生 「カルボナードクラウン」 1巻!


このマンガは携帯のまんがサイトで連載されている作品で…私、作者の方もよく知らないしサイトも見たことないのですが(-.-;)
ズバリ表紙買いです!
絵が可愛いし話もおもしろそうだったから。
百合っぽい話も好きなので(笑)

あらすじとしては
小島がひとつの学校になっている全寮制の学園にとある王族ファミリーが留学してくる。
美男美女だけど何か謎のある。そんな子たちの世話役になった藍子。少しずつお互いを知っていき、友情(?)が芽生えはじめる。

って感じでしょうか。でもファミリーは血のつながりがなかったりちょっと複雑な事情もある。簡単にはいかないってのが物語が広がって楽しいO(≧∇≦)o

藍子とルビィの関係がどうなるのかドキドキ!
ルビィは藍子が気になる。でもあまり口に出さないのがイイ!(笑)

ちょっと長男がくせ者っぽいけど。

続きが気になって連載されているサイトを見てみたけど、そんなにすすんでなかった(泣)

キャラもスッゴク可愛いしファンタジーっぽさもあって結構好きな感じ。

次巻は2年後かもとか作者さんも言ってましたが…早く読みたいよ〜o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

細田守 監督 作品 『サマーウォーズ』

最近のこのブログ、アニメとマンガばっかり…(-_-)
でしたが今日は映画!
久々に観てきました。
まぁアニメですが…コレ!
『サマーウォーズ』

時をかける少女の細田守監督です!

時かけが大好きだったから見に行ったんだけど、あんまり期待はしてなかったんだよね(ごめんなさい)。

でも、スッゴクおもしろかった(≧〜≦)
スピード感があって目が離せない。絶対、口半開きで見てたと思う(笑)

キャラもそれぞれに良かったし。
大家族という設定で全員の名前や仕事とかまでは把握するのは無理だったけど…理解できる範囲だったし。
主人公のヘタレぶりは神木隆之介くんの声がピッタリで最高でしたねー(^O^)
あと佗助がかっこよかった!はじめは嫌な感じだけどね。しかも声優が斎藤歩さんじゃないですか!
もっと悪役やってほしい(笑)
あとカズマは谷村美月じゃなく男の子の声優が良かったなぁ。最後までこのキャラ女の子なんじゃないか?っていう疑問が消えなかったしf^_^;

物語も現代っぽいし、私は受け入れやすかったな。
おばあちゃんの言葉や笑顔には泣きそうになりました。とにかくかっこいい人だと思う。おばあちゃんだけどね。
家族がひとつになって世界を救うなんてありえないけど、頑張って!と見てるこっちも応援したくなっちゃう。

時かけのラストはせつなすぎだけど、この作品はハッピーエンド♪
見終わった後もつい笑顔になっちゃうくらい良い作品でした( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

高嶋ひろみ 「未満れんあい」2巻 感想

とにかく暇を持て余している私はよく本屋へ行き新刊チェックするのですが、コレは気付かなかった(泣)

未満れんあいの2巻でてたぁ!即買いです。

1巻が凄くおもしろくてハマリまして…物語はエロゲー作ってるオタクの男と超天然で純粋な女子中学生が出会い、恋愛に…なるのか?的な感じですがまぁ障害が多くていろんな事が起きていく訳です。

普通なら簡単に済む問題が恋愛経験があまりないエロゲ好き男・黒瀬の妄想とマイナス思考が入り混じってかなり大変な事になってるのがおもしろいp(^^)q
あと天然っぷり全開の中学生・ともえが可愛い!

2巻では黒瀬の仕事がばれてしまうのだけど、ともえの反応がオカシイ(笑)
どうしようー!ってのが2人それぞれにあるんだけど、なんかズレてるんだよね。

純粋な2人がちゃんと恋愛するのかどうか…そこまで辿り着けるのかもわからないけど(笑)頑張って!って応援しながら見届けたいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

のだめカンタービレ 22巻 感想!


のだめです。久々に出た気がする。
だいぶ物語が進んで、ついにのだめがデビュー!
でも千秋とはすれ違っていっちゃう…。

ラストが近いというのもあって千秋とのだめがせつなくて泣きそうになる。
音楽に対してはうまく行き始めてるのに恋愛は…ってのがもうッ!もどかしいのよ!(笑)
だけど、のだめらしい行動してるのは楽しい◎^∇^◎千秋は大変だろうなぁ(笑)

22巻ではのだめのデビューのシーンがすごい迫力で…描かれている所から今にも音が聞こえてきそうだった。
今まで読んできたのだめカンタービレの演奏シーンの中では1番響いた。
さすがですね!

最終巻は次なのかな?
楽しみp(^^)q

映画とアニメと最終章として次々に公開されるようですが、のだめデビューの演奏シーンはバァーンとやってほしい!1曲やっちゃえ〜ぐらいの勢いで!

こっちも楽しみになってきたよ(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム 第20話 「朝見水輝」  感想

<あらすじ>

星秀学園高等部に進学をした青葉。朝見水樹も星秀学園に入学をしていて、女生徒の注目の的となっていた。水樹は青葉の従兄弟ということもあり、月島家に居候をすることに。青葉と一つ屋根の下で暮らすことを気にする光や東たち。
青葉は野球部に入部する。女性でありながらも、その年入部した中で一番の評価を受ける。しかし、公式戦への出場は出来ない。
水樹に突然告白される青葉。動揺し、水樹のことを意識するようになる。しかし、水樹は、青葉と光の関係が気になり、光のことを意識するようになる。


今回から2年生。青葉も入学と入部でまた楽しくなってきたよ(^O^)

で、水輝が出てきた!なんかアニメの方がかっこいい(笑)
悪い子じゃないし告白されて青葉が動揺するのもわかる気がする。まぁやたら高い所に登るってのはおかしいけど(苦笑)

ちょいちょい若葉の幻影がちらついてて…なんかせつなさ倍増。
いつもは光か青葉が若葉の事を思い出していたけど、今回は紅葉もふと思い出して…ちょっと泣きそうになった(*_*)

私は個人的に水輝が好きじゃないので(ゴメンなさい)練習中の光と青葉がお互いのケガに気付いていたっていうくだりが大好きで(笑)やっぱり光と青葉だよ!って思い、水輝がさっさと諦めて山登りに行ってしまえと(←ちょっとひどい?)。
あと東びいきとしては最後の光とのやりとりがたまりませんでした(笑)
あのしつこい光とそれにいちいち返答する東。原作よりしつこくて笑ったよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

夏コミ 3日目!

今年の夏、最後の戦利品♪
今日も暑いし、人多いし…楽しかったけど、疲れますね(笑)
なんか去年より人が多い気がした。3日間。天気良かったのもあるけど絶対増えてるよ!
並んでばっかりだったし(T_T)
本日はいくつか諦めたサークルさんもあったけど…だいたい買えたかな。
大好きな作家さんが久々に新刊出していて…幸せ(笑)

昨日、飲み会に参加した為睡眠時間が少なく朝は死にそうだったけど会場につくと元気になれた(笑)
そうして夏コミ3日間クリアしました!

で、新たな発見。
私はツンデレ萌えでした。今さら気付いた(笑)
どうでもいいですがf^_^;

では夏コミ参加された方、お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

夏コミ 2日目!

本日の戦利品たち。
少ないです(笑)

なんか今日は凄く人が多いし暑いし…ぐったりです
(*_*)

中に入るのも結構時間がかかり…。
西ホールから見て東ホールに行こうと思っていたけど、西→東のルートが大混雑。なかなか進まないし、暑いし、人がどんどん溢れてくるし…で死にかけた(-.-;)
実際本当に具合悪くなっちゃった人もいたし。
…なので東ホールは諦めて帰宅。
ゲームがメインで行ったから…まぁいいやという事で。

明日も行きますよ!最終日(^O^)/
頑張っちゃうよ〜私(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

東京マグニチュード8.0 #6 「見捨てる、選択」  感想

<あらすじ(公式サイトから)>

麻布十番を経由して世田谷を目指す一行。だが移動中、三軒茶屋焼失のニュースを耳にする。真理はより多くの情報を求めようとするが、都合良く手に入れる術も無いまま、体調を崩してしまう。そこで未来と悠貴は、真理が一刻も早く自宅に帰られるよう、一つのアイディアを実行に移す。


未来たちにとってかなり心強く、いつも助けてくれていた真理が今回は中心に描かれてましたね。
自分の家族の安否が気になるけど、未来たちを放っておけない。そんな真理の葛藤。

今回から凄く大人になったなぁと感じたのが未来。始めのあたりから比べると別人?(コレは言い過ぎ)

でも真理の為にバイクを借りてきてあげたり、周りを見れる子になってきたんだね。どんどん可愛くなってきますよ、未来は(笑)

真理の決断は正しいのかどうか分からないけど、彼女は未来たちを見捨てる人じゃない。自分が弱っている時って他人に優しくする余裕なんてなくなると思うから。
綺麗事を言って実行しちゃうのが真理なんだろうな。
ただ気になる点。絵が雑になってきてません?真理とか。
ノイタミナは割とキレイだったと記憶しているんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏コミ1日目〜帰宅

本日の戦利品!
私にしてはだいぶ少ないけど(笑)満足して帰ってまいりました!

並んでいる間はそんなに日が出てなくて楽だった。…暑いのは同じだけど(+_+)
9時30分くらいに並び始めて11時には中に入れたから結構早かったなぁ。

東ホールから回って西ホールへ行った時も思ったよりスムーズだったし。
企業スペースは遠くから見ただけで並ぶのが嫌になって帰ってきた(笑)

今日はコードギアスとマリみてのみ!
明日が私的に本番です
o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏コミ1日目!

太陽はあまり出てないのに暑〜い(-.-;)

で、やってきました!夏コミ!まだ開場前なので一般参加の自分は長い列に並んで待っている訳です(-_-)

今日はお目当てのサークルさんも少ないからちょっとゆっくり家を出てきたけど…何時に入れるかなぁ?

3日間、一般参加で頑張っちゃうつもりだけど…暑いのヤダー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

仙台旅行記(^o^)

夏休みは有意義に過ごしたい!…と、言う訳で今週は宮城県の仙台の方へ行ってまいりました。

仙台駅に着いたらまずコレですね!

伊坂幸太郎・著の「アヒルと鴨のコインロッカー」のコインロッカー!
どーん!

映画で使われた場所です。神様を閉じ込めたコインロッカー!…感激(笑)


で、仙台は伊達政宗が有名なんですよね。
別に狙って仙台へ行ったわけではないのに「戦国BASARA?」と言われてしまった時はなんか…せつない(T_T)

だけど史料館とか博物館で伊達政宗の歴史に触れるとだんだん好きになってくる…不思議(笑)
大河ドラマでは松田龍平が演じているのでイメージ的には彼の姿しか浮かびませんが(+_+)

仙台と松島でゆっくりのんびり過ごして癒されて帰ってまいりました(^O^)

泊まったホテルも凄く親切に対応して頂いて。
宮城は食事も美味しいし最高でした!

そして明日はコミケ!
大丈夫か?私の体力!

仙台は涼しかったけど、東京は暑いよ〜(☆_☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

斎藤けん 「with!」

たまには少女マンガらしい物も読みたくなる(笑)

この「with!」は先日発売した4巻が最終巻。
斎藤けんさんの作品はどこかサミシイような…何かを背負っているような話が多い気がするのですが…そこが好きでよんでる作家さん。

LaLaの本誌でこの作品は読んでいたんだけど、本誌での最終回がかなり唐突な終わり方をしていて嫌だなぁと思っていた中、増刊号の方で続編を描いていてちょっとホッとした。

この4巻の最後は…まぁ主人公の真砂が突っ走りすぎな気がしたけどきちんと完結してくれて良かったよ(^o^)

ただもう少し真砂と司郎との関係を深く描いてほしかったかな。気持ちがわかりにくい部分があったので(T_T)
出てくるキャラは個々におもしろくて好き。
次回作にも期待!(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

村上たかし 「星守る犬」


コレはやばいです。
先日、王様のブランチで松田さんも紹介してましたがとにかく泣く(笑)
悲しいけど少しあたたかい感動を与えてくれる作品ですね。

お父さんと犬の何とも言えない信頼関係。
言葉が通じなくても解りあってるんだよね。
本当に何度読んでも泣いてしまう(+_+)

感想っていうのを書くよりもとにかく読んでほしい一冊。
なんか本屋の回し者みたい(笑)

この作品を読んだあとにヒマワリを見ると、なんかせつなくなるなぁ(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

宇仁田ゆみ 「うさぎドロップ」 6巻 感想


うさぎドロップももう6巻かぁ〜早いなぁ。
私の好きなマンガのベスト5には入るだろう本当に大好きな作品です(^O^)

前巻から高校生になったりんちゃん。正直、りんが大きくなっちゃったらつまんなくなっちゃいそうで不安だったのですが…全くの逆でした。
恋愛ぽさが出てきて楽しさ倍♪
りんとコウキ、大吉とコウキママの関係が気になって気になって。

でも今回、ちょっとツライ事件があってりんはコウキとは付き合えない…っていう展開。
私は恋愛ベタなせいか(?)りんの気持ちが理解しきれなかったんだよなぁ(T_T)
難しいこと考えずにコウキの方へ行っちゃえばいいじゃん!って思う。

そんな中で大吉の存在っていいなぁと思った。りんにとってもコウキにとっても理解してくれる大人で、優しく受け止めてくれていて。うらやましい…(笑)
まぁ大吉の恋も終止符?的になってしまっているのが悲しいけど。

でもやっぱりりんとコウキ、大吉とコウキママにはくっついてほしい。
楽しい家庭ができそうなのになぁ…。
これからの展開がどうなることやら(+_+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスゲーム 第19話 「思い出の…」  感想

<あらすじ(公式サイトから)>

冬のある日、樹多村家と月島家で若葉の母親の実家、朝見家を訪れていた。アルバムを見ながら若葉が生きていた頃をそれぞれ思い出す、光と青葉。翌日、若葉との思い出が残る木を見に、裏山を登る光と、その後追う青葉。ようやくその木を見つけた光は、あることに気づき、青葉へ問いかける・・・。
春休み、練習帰りの光たちは、「あさみ みずき」という少年に出会う。名前に聞き覚えがあるが思い出せない光。
東と月島バッティングセンターに向かう途中、その少年に再び出会う。後をつけられているのではと、疑う光たち。問いただそうとしたとろに青葉が現れ、突然その少年は青葉を抱き上げる。何事かと呆気にとられる光たちであった・・・

若葉との思い出を光と青葉、それぞれの想いで幼い頃を振り返る話。

若葉が木に彫った相合い傘と青葉が彫った相合い傘。同じ名前が書かれているけどその意味はきっと違うものなんだなと思うとせつないね(-_-)
青葉がグチャグチャにしてしまった若葉の相合い傘の下に書いた相合い傘は若葉が亡くなってからなのかな?このへんのエピソードはアニメならではで嬉しい!
そして水輝の登場!
私としてはその後の東のセリフがいちいちかっこよくて好き(笑)
「盗まれた油揚げってのは月島のことか?」
…ってボソッというのがいいわぁ(^O^)
光と東の掛け合いもどんどん楽しくなって(笑)

まぁ今回、真夏に雪が降っている話ってのも微妙だったけども逆に体感温度が涼しくなった気がしたから…よし!ということで(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

三原ミツカズ 「毒姫」 4巻 の感想

夏休みが約半月あり、時間が余って余ってょうがない状態の今の私。
(夏休み返上で働いている方には申し訳ないですが…)
とにかく本(マンガ含む)を読んでます。昔のとか。

今日は新刊が出てました!三原ミツカズさんの「毒姫」。
連載されている雑誌が偶数月に1冊だからコミック派としては大変待ち遠しい限り。しかもコレはもう続きが気になって気になって…
幼いころから少しずつ体に毒を入れて慣らしていき、全身の体液全てが猛毒となり最高の暗殺兵器として生きる毒姫。
グランドル国王暗殺の為に登城したリコリスは暗殺に失敗し、捕虜の生活を強いられる。
その中でも大切にしたい人達に囲まれ一時の幸せを感じていた中、リコリスは自分の体に異変を感じはじめる。

今回はメイドのシッカが本当に可愛いいい子で涙がでました(:_;)
リコリスの想いもせつない。毒さえなければもっと幸せに暮らせたかもしれないのに。

グランドルの王子たちもどんどんリコリスに惚れてくのがいい!(笑)
リコリスって強がっていて、でも弱くもあって…そんなギャップが可愛いもん。
そして周りの国の人達も動き出してきて…次が最終巻ですかぁ。
誰が消えて誰が生き残るのかな?
リコリスは死なないでほしいなぁ。たくさん苦労したんだから幸せになってほしい。
あ〜また気になるまま待ち続けるのね、私(+_+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

東京マグニチュード8.0 #5 「慟哭の、学び舎」 感想

<あらすじ(公式から)>

未来の通っていた中学校に立ち寄ると、そこは帰宅困難者であふれかえっていた。冷たくなった遺体も多数運び込まれ、見慣れた学校の変貌ぶりに心を痛める。未来はそこで、ボランティアとして活動している老夫婦に優しくされ、真理を含めた大人達の見方を改め、自分にもできることを模索するのだった。

今回、泣きました私(笑)ボランティアの古市さんの姿が痛々しく、また強くもある。
亡くなった孫の代わりに自分が死ねば良かったという言葉にズシンときました。遊びに来ていた時にたまたまこの地震がきてしまった…。誰のせいでもないけど、もし自分が呼び寄せなければ巻き込まれなかった。そう責めてしまうのは仕方ないのかもしれないけど苦しい。
そんな中でも懸命にボランティアとして他の人の為に働く古市さん。

未来も彼の姿を見て自分も何かしなくてはと思えたんだから頑張ってほしい。

どんどん重みが増してくるけど最後まで見届けようと思っております(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月 6日 (木)

「BAKUMAN バクマン。」4巻 感想!

4巻出たぁ(^0^)/

前巻ではコンビ解消しちゃったけど描こうとしているモノは同じという超以心伝心で終了だったので。

そして今回は同じ事を考えていたことをお互いに知り再び二人でマンガを描きはじめる。
新人ライバルとの連載争いもあったり、亜豆の方も悩んでいたりとまぁドキドキの展開だよ!

バトルマンガでもないのに凄いスピード感あるマンガだなぁと思う。
早く次のページ!って焦りながら読んだし(笑)
ちょっと展開早いけど、全然ついていける範囲。
どんどんおもしろくなるわぁ( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

大月クルミ 「そして、明日も君に恋をする。」

なんか最近BLマンガばっかり…でも好きなんだから仕方ない!
で、今日は大月クルミさんの「そして、明日も君に恋をする。」です。

この方は某マンガの同人誌でスゴク好きになったんですが、先日本屋でふとこの本を見つけてビックリ!
商業誌デビューしてたんですねぇ。即買いっスよ(笑)

内容としてはちょっと物足りなさがある気がするけど絵は可愛いし、それなりに楽しめるかな?
これからに期待ですね(^O^)

来週は夏コミだぁ
\^o^/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

佐原ミズ 「マイガール」 ドラマ化

マイガールがドラマになるのね(T_T)しかも正宗役は嵐の相葉雅紀。

…正直、ウ〜ンって感じ。マンガは結構好きだからイメージ的に違うと思うのは私だけかしら?
どうしてもジャニーズの子は幼く見えてしまう(-.-;)特に20代の子とかは。(それ以下は論外)

正宗はちょっと設定年齢より老けてる気がするからそれなりに大人な雰囲気の役者がよかったなぁ。
向井理くんとか(希望!)

相葉くんが嫌いな訳じゃないけどもちょっと不安。
そもそも何故このマンガをドラマにしようと思ったのかが疑問(゚ω゚?)

まぁ始まってみないとわかんないよなぁ。
あのテレ朝のドラマ枠、わりとおもしろいのやってきたし。
「ああ探偵事務所」と「雨と夢のあとに」は最高に好きでした!あーこの2つはかなり前かぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

クロスゲーム 18話 「オーディション?」 感想

校長代理は星秀学園を去ったが娘の理沙は学園に残り、野球部のマネージャーを続けていた。ある日のこと。理沙は千田を呼び出して告白をする。突然のことに動揺する千田であったが、実は理沙は映画のオーディションの練習をしているだけであった。
努力の甲斐があり最終選考まで残った理沙。最後の選考は、野球の実技が重視されるということで、光を相手にピッチングの練習を始める。
練習中の青葉に、再び勝負を挑みにきた小金沢みどり。断る青葉に付きまとい、自宅のバッティングセンターまで付いてきてしまう。そこで、バッティング練習にきていた理沙と一緒になって・・・。

今回はマネージャーが主役だね。今まで嫌なイメージがあったからスゴク可愛い一面があって(^o^)
まぁ今後出てくる事はないであろうキャラだけどこんな去り方もいいね。

原作と違って細かく描かれていて理沙の頑張りは微笑ましかった。
結局は青葉のピッチングからヒントをもらえてオーディション合格!(主役じゃなかったけどね…)

最後に青葉にお礼をしにいくなんて女の子らしいよなぁ。まぁ光たちは巻き込まれただけだろうけど(笑)
たまには脇役をメインにしてもいいよねー。千田の話もアニメでやってほしいなぁ(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

中村春菊 「世界一初恋〜小野寺律の場合2〜」

もうこの方のBLは鉄板ですね(^o^)
純情ロマンチカは素晴らしい作品☆アニメになっちゃうとかさらにスゴイし(笑)
でもこの世界一初恋もオモシロイ!両想いのくせに、なかなかくっつかないまどろっこしいのがたまりません(笑)
恋愛だけじゃなく日常も中身のある描き方をしているのが私としてはお気に入り。その分、話も濃くなるし。BLはわりと周りがすっ飛んでる作品多いし…。

んで胸がキュンキュンするの(笑)
次巻もわりとすぐ出るみたいなので嬉しいO(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »