« ゲームを語る…? | トップページ | クロスゲーム 第26話「知ってるよ」 感想 »

2009年9月26日 (土)

渡瀬悠宇『アラタカンガタリ』4巻 感想


渡瀬悠宇さんは『ふしぎ遊戯(←玄武の方は挫折しました(涙))』以来ハマリ気味の『アラタカンガタリ』。
こーいう異世界モノってなんとなく先が見えちゃって飽きちゃうんだけど、コレは現実と違う世界の人間が入れ替わるってのが良いですね(^_^)しかもキャラがカブってない!

現実世界の話ももっと見たいけど異世界の方がメインなのかな?

ちょっとずつだけど仲間が増えてますねぇ。
この話、誰が最終的な敵なのかわかんないんだよね。この人?って思うと違うみたいだし。しかも仲間になっちゃったし(笑)

女の子がかわいいのもいいな( ̄▽ ̄)
男ばっかりだけどね、その中でちょっとした癒し?

しかし…雑誌が週刊だとコミック出るのも早いなぁ。嬉しいけど置き場が…。

|

« ゲームを語る…? | トップページ | クロスゲーム 第26話「知ってるよ」 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181522/31533813

この記事へのトラックバック一覧です: 渡瀬悠宇『アラタカンガタリ』4巻 感想:

« ゲームを語る…? | トップページ | クロスゲーム 第26話「知ってるよ」 感想 »