« 渡瀬悠宇『アラタカンガタリ』4巻 感想 | トップページ | 伊坂幸太郎 『あるキング』 »

2009年9月27日 (日)

クロスゲーム 第26話「知ってるよ」 感想

〈あらすじ〉

星秀と参能は5回を向かえ、1対0で参能がリードしていた。参能は執拗にバント攻めを続け、光のスタミナを削ろうとしていた。だが、光の豪速球はバントすらさせない程の威力で、参能の打者を次々とアウトにしていった。打線も、中西のホームランなど、データ野球を覆すプレーで逆転、突き放していった。光の投球はマスコミに注目されはじめ、取材を受けるほどになっていた。
そして、遂に竜旺学院との試合を迎える・・・


参能戦に決着がつきました。敬遠されつづけた東の予告ホームラン(?)はさすが(^O^)
チョイチョイ東の名ゼリフが出てきますが、今日はきましたねぇ!
「おまえが自信をもっていいのは、おれをここに引き止めたことだ」
言えないね〜こんなセリフ。まぁ言ってる相手が光だからいいけど。
あと少しずつ青葉を気にしはじめてるのが初々しい!
来週から竜旺戦。三島くんもクールな感じがいいですね(笑)先輩の志摩野は性格悪いけど。
光と東がどこまでやれるか、ですね。

|

« 渡瀬悠宇『アラタカンガタリ』4巻 感想 | トップページ | 伊坂幸太郎 『あるキング』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181522/31534716

この記事へのトラックバック一覧です: クロスゲーム 第26話「知ってるよ」 感想:

» ◎クロスゲーム第26話「知ってるよ」 [ぺろぺろキャンディー]
前回の、サンノウ戦のつづきから。サンノウは、光をバントで疲れさせる作戦にもどす。しかし、尽くバントを失敗する。サンノウのナインは、玉がホップすると言い訳する。セイシュウは、偵察されてることに、監督と赤石いがい気づいてなかった。しかし、偵察など関係なしに...... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 13時35分

« 渡瀬悠宇『アラタカンガタリ』4巻 感想 | トップページ | 伊坂幸太郎 『あるキング』 »