« とあるライブ参戦。 | トップページ | 白石かおる 著 『僕と「彼女」の首なし死体』 »

2009年9月 1日 (火)

中村春菊 『純情ロマンチカ』12巻 感想

純情ロマンチカです!
ホントに大好きなBLマンガです。私の中では今のところ1番!(^^)!
笑って泣けて胸がキュンとする。最高です(笑)

12巻もおもしろかったですねぇ。コレだけ長く続いているのに飽きない展開が良いですよね(^_^)

今回は水樹やら薫子やらまたバタバタと忙しそうで(笑)
ウサギさんと美咲は相変わらずですが、絆は深くなってきていてますね!
美咲がウサギさんに一緒にいたいかも…的な告白した所は胸キュン(笑)

でも美咲が編集者に…とか予想できなかったなぁ。まぁバイトしてるだけですが。この先はどうなるんでしょう?

あとミニマムの野分の話はホロリと…。ちっこいヒロさん登場には笑ったけど( ̄▽ ̄)

まだまだ続いてくれるみたいで嬉しい限りですよ!
次は個人的にテロリストが読みたいなぁ(゜▽゜)

来月は世界一初恋が刊行!こっちも楽しみです。

|

« とあるライブ参戦。 | トップページ | 白石かおる 著 『僕と「彼女」の首なし死体』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181522/31197203

この記事へのトラックバック一覧です: 中村春菊 『純情ロマンチカ』12巻 感想:

« とあるライブ参戦。 | トップページ | 白石かおる 著 『僕と「彼女」の首なし死体』 »