« 『レ・ミゼラブル』 観劇 | トップページ | 品川ヒロシ 『漫才ギャング』 »

2009年10月25日 (日)

クロスゲーム 第30話 「若葉」 感想

〈あらすじ(公式から)〉

練習からの帰り道、光と東は、若葉そっくりの女性・滝川あかねと会う。工事が終わり次第、樹多村家の隣に越してくる予定だと言う。若葉が生きていて、まるで成長したかのような姿のあかね。光は、若葉との過ぎた日々を思い出す・・・


こうやってまとめて若葉と光の話を見るとせつなさが倍増ですね。
回想として描かれていたものよりずっと若葉の存在が光にとってどれだけ大きなものかがわかる。

若葉が突然亡くなってひとり夏祭りへ行くトコは何度見ても涙します(:_;)
胸が痛いです(ノ_・。)

そして若葉にそっくりなあかねが現れて…今後の展開が楽しみです。

|

« 『レ・ミゼラブル』 観劇 | トップページ | 品川ヒロシ 『漫才ギャング』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181522/31914877

この記事へのトラックバック一覧です: クロスゲーム 第30話 「若葉」 感想:

« 『レ・ミゼラブル』 観劇 | トップページ | 品川ヒロシ 『漫才ギャング』 »