« アニメ『空中ブランコ』 軽〜く感想 | トップページ | ブルーレイ壊れる »

2009年10月18日 (日)

クロスゲーム 第29話 「だれがァ!?」 感想

<あらすじ(公式から)>

光と三島の2度目の対決。光はコントロールを捨て、スピードに専念をする。三島は、前の打席でバックスクリーンに完璧なホームランを打ったものの、この打席では、光の球威に押されていた。そして、三島の打った打球はピッチャーライナーとなり、この勝負は光に軍配が上がる。後続打者を打ち取り、試合は延長戦へと突入。9回からマウンドに立つ竜旺学院の及川は、多彩な変化球と豪速球という付け入る隙のないピッチングをし、星秀学園の攻撃を無失点に終わらせる。
10回裏。スタンドで観戦していた青葉は、光の異変に気づく。光は、三島との2度目の対決で捕ったピッチャーライナーの球威が強く、左手がしびれて思うように動かせないでいた。そんな中、得点圏に走者を背負い、一打サヨナラ負けというピンチで、打席に及川を迎える・・・

竜旺戦、決着がつきました。接戦の末に負けてしまった星秀だけども得たものも多かったんじゃないかな?
光が自分のせいで最後の夏を終わらせてしまったと3年の部員に謝るトコはホロッときましたね。
こういうのがあるから高校野球は泣ける(笑)

まだ来年があるからね。光たちは。エースも4番も2年生…竜旺の2人とともに来年って事で。

そして登場!あかねちゃん。クロスゲームは恋愛要素が少なかったから、これからきますねp(^^)q

|

« アニメ『空中ブランコ』 軽〜く感想 | トップページ | ブルーレイ壊れる »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181522/31833565

この記事へのトラックバック一覧です: クロスゲーム 第29話 「だれがァ!?」 感想:

« アニメ『空中ブランコ』 軽〜く感想 | トップページ | ブルーレイ壊れる »