« 『Live,Love,Drive. 死神の精度』 観劇 | トップページ | のだめカンタービレ 23巻 発売! »

2009年11月29日 (日)

クロスゲーム 第35話 「2月14日」 感想

〈あらすじ〉

あかねの書いた絵がコンクールでグランプリとなり、夏の甲子園のスクリーンに映し出されることに。光に、絵のモデルが青葉だと言われても、素直に喜べない青葉。青葉は、甲子園と女子野球との間で思い悩んでいた。
あかねは、自分がどれほど若葉に似ているのか、赤石に問い詰める。赤石から、若葉が光を好いていたを聞かされ、納得するあかね・・・。
バレンタイン。光の周りでもにわかに騒がしくなってくる。野球部部室で、もらったチョコの数などを話している光と東、赤石。そんな和やかな会話の中、東から思わぬ告白があり、二人は衝撃を受ける。
学校からの帰り道、青葉と偶然一緒になった光は、チョコの話題となる。そして、そこにあかねも加わり微妙な空気となる・・・。

バレンタインですね〜。お正月と続いてかなり可哀相なのが千田と水輝(笑)
なんか報われない2人なんだよねぇ。まぁ…癒し系ということでf^_^;

そして言っちゃいました!東くん!
「付き合ってもいいと思うのはお前ぐらいだ」

…く〜ッ(´・`)カッコイイ!
青葉もそりゃあビックリだろうね。恋愛とかしなさそうな東だもん。
これからきますね(笑)

あかねと光もさりげなく近づいてるけど…この2人はビミョーだよなぁ。
若葉の事があるし。

今回、写真でどれだけ似ているのかを知ったあかねが今後どう受け止めて光たちと接するか、かな?

|

« 『Live,Love,Drive. 死神の精度』 観劇 | トップページ | のだめカンタービレ 23巻 発売! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181522/32412475

この記事へのトラックバック一覧です: クロスゲーム 第35話 「2月14日」 感想:

« 『Live,Love,Drive. 死神の精度』 観劇 | トップページ | のだめカンタービレ 23巻 発売! »